トキソプラズマと猫

妊娠中にトキソプラズマに感染すると、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼすことがあります。トキソプラズマと身近な関係にあるのが猫です。そのため、詳しく理解しないまま猫を遠ざけたり、飼い猫を手放す必要があると思われがちです。

トキソプラズマは、猫を飼っていても飼っていなくても、妊娠中に感染する確率はゼロにはなりません。猫をペットや家族として大切にしている家庭にとって、トキソプラズマ症は妊娠中に悩む問題です。トキソプラズマと猫の関係を紹介します。

トキソプラズマの終宿主

トキソプラズマと猫

トキソプラズマと聞くと、猫が保持している菌か虫だろうと想像する人が多いようです。確かに猫はトキソプラズマの原虫(げんちゅう)の、唯一の終宿主(しゅうしゅくしゅ)です。そのため「トキソプラズマ=猫」と思われています。

終宿主とは、トキソプラズマの原虫が最終的に寄生して有性生殖(ゆうせいせいしょく)をする生き物です。トキソプラズマの終宿主は猫だけです。

トキソプラズマ原虫にとって猫は生存するために必要な宿主というわけです。

トキソプラズマの原虫は最初から猫に寄生するわけではありません。ネズミやゴキブリ、ハエなど移動する生き物に寄生しています。でもネズミなどは中間宿主(ちゅうかんやどぬし)と言って、寄生しても増殖はしません。

トキソプラズマ原虫が増殖するのは、猫に寄生した時だけです。私たち人間に寄生している時も、体内で増殖はしません。

猫のトキソプラズマ症

猫がトキソプラズマに感染すると、トキソプラズマ症の症状が現れます。目で見てわかる症状は下痢です。これは感染初期に見られます。

幼い猫や、体調がよ悪く免疫力が低下している時にトキソプラズマ症にかかった猫は食欲不振や発熱、目や動きにも影響が出るようです。人間とおなじように妊娠中の場合は、お腹の赤ちゃんに影響が出たり、流産の可能性もあります。

猫がトキソプラズマ症に感染する経路は生肉や、すでに感染している猫のフンが何らかの拍子で口に入ってしまった時です。

トキソプラズマに感染している猫の便には、トキソプラズマの原虫の卵のような存在である「オーシスト」が含まれます。これを経口感染することで他の猫や生物に広まります。

オーシストは感染してしばらくの間、便に含まれます。その間だけ便に触れなければ良いのかというと、そうでもありません。厄介なことにオーシストは土に吸収されたり他の生物に移ると何ヶ月(何年という報告もあります)も生きています。

トキソプラズマ症は人間と同じように、猫もかかる症状です。猫も人間と同じように、トキソプラズマの原虫に感染してしまうことを知ってください。

妊娠したら猫を手放す?

妊娠と猫

妊娠したら飼い猫を手放した方が良いと考える人もいますが、結果的には野良猫になったらトキソプラズマに感染しやすくなるので猫にとって良い策ではありません。それよりも、妊娠中は室内飼いにするほうが感染の確率は減ります。

妊娠中だから猫の世話をしたらいけない、というわけでもありません。室内で飼う時の注意点を紹介します。

・フンを処理する時は、素手で行わない。
・猫のお世話をした後や土・砂を扱った後は必ず手洗い、うがい。
・生肉はトキソプラズマの感染源。必ず加熱して食べる。
・心配な時はパパや他の人に、猫のトイレを掃除してもらう。
・猫もトキソプラズマの検査を受けると安心。

特に猫のフンは素手で触らないこと。万が一どこかに付着するかもしれないので、お世話後は流水でしっかり手洗い、うがいを徹底しましょう。

産科や獣医さんによって指導法は異なります。妊娠中は万が一のことを考えて、猫は誰かに預けたほうが良いと勧める先生もいます。預けるまではいかなくとも、お世話はパパ主導で行うことを勧める先生もいます。

猫を手離す必要はありませんが、妊娠期間だけ、ちょっと今までと違う暮らし方を選ぶことも考えます。お世話の主導権が変わったり室内飼いを徹底するだけなら、猫と今まで通り一緒に暮らすことができます。

でも、万が一トキソプラズマに感染してしまった時に、飼い猫に責任をなすりつけるようでは、猫が悪者になって信頼関係が崩れる恐れがあります。そうなることを避けるために、猫を預ける場合もあります。

猫との関わり方は家庭によって様々です。トキソプラズマは心配だけど猫も心配な時は、家族で話し合ったり、獣医さんに相談してください。いろんな意見を聞いてから、自分はどうしたいのか考えてみましょう。

関連:妊娠中のトキソプラズマ





関連イメージ