妊娠中の新幹線の乗りかた

妊娠中に新幹線に乗って旅行や帰省を計画するときに気をつけてほしいこと、体調が悪くなったときの対処方法、同じ姿勢で腰を痛めないコツをわかりやすく説明します。

旅行前に妊婦健診

母子手帳旅行前に妊婦検診を済ませて、赤ちゃんの健康状態を確認してください。普段と違うおりものや腹痛があるときは、妊婦検診後でも旅行前の再診をおすすめします。心配な時は、医師に旅行や里帰り予定と移動手段を伝えてアドバイスをお願いしてください。

妊娠初期は、まだ体型変化も少なく周囲も妊娠に気がつかない時期ですが、お腹の赤ちゃんも未発達で非常にデリケートな時期でもあります。妊娠初期は初期流産の可能性があるので、絶対に無理な行動をしないでほしい期間です。体に負担がかかる旅行内容や移動が予測できるなら、時期を改めることも考えてください。

このことからも、妊娠中の旅行計画を立てるときには「急に中止するかもしれない」という選択肢も入れておきましょう。とにかく母体と赤ちゃんの健康状態が最優先なのです。

妊婦健診で使用した母子手帳は、旅行にも持参してください。新幹線に乗るときは、スーツケースよりも常に持っている手荷物に入れるようにします。事故や体調不良のときに、妊娠経過を周囲に知ってもらい適切な助けを求めるためです。

座席指定でシート確保

新幹線は乗車する席によって運賃に差があります。できることなら普通席で旅行費用を抑えたいところですが、妊娠中は座席の確保が大切です。自由席の場合は、必ず座席に座ることができる確約がないことと、妊娠中だからといって座席を譲ってもらうことができるとは限らないことを忘れないでください。

新幹線の移動は、指定席やグリーン席を予約することが安心です。自由席と比べると指定席料金が加算されますが、長時間立って乗車することは、妊娠中の体には負担がかかりすぎます。

喫煙ルームを避ける

新幹線によっては喫煙車両があります。妊娠中はタバコの副流煙(ふくりゅうえん)を避けるためにも、喫煙車両や喫煙席のある車両は避けておきましょう。最近では全席禁煙車両も増え、別の場所に喫煙ルームを設置している新幹線もあります。

喫煙ルームは分煙化がはかられ、禁煙車両への配慮がなされていますが妊娠中の乗車では、わざわざ喫煙ルームの近くの座席を選ばなくてもよいでしょう。

妊婦におすすめの座席

妊娠中の新幹線乗車では、少しでも妊娠中の体がリラックスできる座席が理想的です。車両によっては1番前の座席は前に足を伸ばせる程度のスペースがあります。最後部の座席の後ろに少しスペースがある場合、リクライニングで気を遣いません。インターネットでも座席表が確認できるので参考にしてください。

新幹線によって妊娠中の女性が過ごしやすい座席がわからない場合は、妊娠中であることを告げて窓口や旅行会社に相談することも考えます。

また、普通席よりもグリーン席もほうが周囲とのゆとりがあります。妊娠中期以降は

新幹線で体調が悪くなったら

新幹線によっては多目的室といって、簡易ベッドや少しゆったり座ることのできる座席のある部屋があります。この部屋は車掌さんが管理していて普段は鍵がかかっているので、誰でも勝手に使用することはできません。必ず乗務員にリクエストしてください。

多目的室は主に座席に座ることが困難だったり、体の不自由な人が優先して使用できる部屋です。多目的室を利用して新幹線の乗る人がいる場合は、乗車中にほかの人が使用することはできません。空いているときは体調不良の乗客が休んだり、赤ちゃん連れのママが授乳をするスペースとしても利用されています。つまり必ずすぐに使用できるとは限らないという点も理解しておきましょう。

また、多目的室は常に使えるとは限らず、設置されていない新幹線もあります。乗車のさいはお腹を締めつけない服装や、口内の不快感を紛らわすキャンディーやタブレット、飲料水を準備してください。

妊娠中の不快感がおさまらないときは、途中駅での下車も考えてください。駅構内には医務室があるので、休むことができます。医務室への移動が1人では困難だと思うときは、先に乗務員に相談してみましょう。

乗車前から体調が優れないときは、出発を控える決心も大切です。せっかくの旅行計画でも、体調を崩してお腹の赤ちゃんに負担をかけることは厳禁です。

新幹線の腰痛対策

新幹線に長時間乗っていると、肩が凝ったり腰痛に悩む人もいます。同じ姿勢でずっと座ることは、意外にも腰周辺に負担をかけるのです。特に妊娠中は、お腹がふくらんでバランスがとりにくいので腰が圧迫されて疲れやすくなります。

新幹線の腰痛対策には、リクライニングを調節したり腰と背もたれの隙間にクッションを入れることがおすすめです。おしりが平たくなるような違和感を感じるときは、ドーナツクッションや低反発シートを敷いて座ってみてください。

揺れの少ないときは、たまに立ち上がって通路を歩いたり体を伸ばして筋肉をリラックスさせます。

新幹線でのリラックスグッズ

新幹線は窓を開けることもできないので息苦しく感じることがあります。妊娠中はイライラや疲労がたまりやすいのでリラックスグッズを持参するのもおすすめです。

冷房で冷えやすいときはひざ掛けや羽織ものを持参してください。疲れやすく眠りたいときは、アイマスクや目元のパックで緊張をほぐします。

新幹線の座席に座りっぱなしでいると足もむくみやすくなります。靴は脱いだほうが血行もよくなります。乗車中に履きかえるスリッパなど楽な履物は便利です。




関連イメージ