妊娠中の入浴

妊娠中の入浴注意点

妊娠中の入浴は体を温めて冷やさないようにするとともに、滑りやすい床が危険でもあります。工夫できる点や、妊娠中の入浴で気を付けてほしい点を挙げます。

・可能なら家族がいる間に入浴してします。
・お風呂や脱衣所の床に余計なものを置かない。
・先に浴室内は暖房、または湯気で温める。
・お風呂の床に残ったシャンプーやボディーソープは流す。
・バスチェアーは高めの方が妊娠後期に入ってから楽も使える。
・お湯につかる際は、専用の滑り止めマットがあると出入りが安心。

妊娠中の入浴は、体調の変化が急に起こった際に対応してくれる家族がいる時間帯を選びます。鍵をかけると具合が悪くなった際の救助に手間取るので、可能ならば鍵はかけずに入浴しましょう。

浴室や脱衣する場所の床に余計なものがあると、足元が危険です。妊娠中はだんだん足元に死角ができるので、転倒の際に滑らないように気を付けます。また、入浴前に浴室を温めておくと体が冷えません。

もしも浴室で裸のまま転倒や滑ってしまうと、お腹にダメージが大きくなりがちです。浴室内ではシャンプーや石鹸、ボディーソープが床や手すりに残らないようにします。汚れが残ると次回、入浴時に滑りやすくなります。最後に床や手すり、浴槽の縁にシャワーをかけておきましょう。その後も浴室内は換気をして乾燥させると、水ぬめりも防止できます。

妊娠中の入浴グッズ

妊娠中に便利な入浴グッズは、けして妊娠中しか使用できないわけではありません。出産後には赤ちゃんと一緒に入浴した際にも使用できる、長く使えて便利なグッズを紹介します。

妊娠中のバスチェアー

妊娠中はお腹と腰に負担のかからない、高めの入浴椅子が楽です。妊娠初期は普段通りにしゃがんだり、かがんだりできますが、妊娠後期に差し掛かると大きなお腹が邪魔をします。

無理をしてしゃがんだり腰を低くすると、お腹を圧迫してしまいます。更に立ち上がる際も、低いバスチェアーだとお腹に力が入って子宮が収縮しやすくなります。腕の力だけで立ち上がろうとしても、浴室は滑りやすいので心配です。

通常よりも高めのバスチェアーなら、普段のリビングの椅子に座るような感覚で座ることができます。好みにもよりますが、妊娠中は少し座面の高いバスチェアーなら妊娠後期まで安心です。これは妊娠中ではなくても使用できるので、短期間使用で無駄になることもありません。

妊娠中のボディブラシ

妊娠中は足先や背中を洗うことが大変になってきます。無理をすれば洗えますが、お腹に負担をかけずに手が届く方が楽です。妊娠中の入浴では、ボディーブラシは持ち手になる部分の長いボディーブラシが便利です。手の届かない背中も、お腹に負担なく洗うことができます。

妊娠中の滑り止めマット

妊娠中は入浴で体を温めることが大切です。ゆっくりお風呂でお湯につかって全身を温めることで、妊娠中にありがちな足の浮腫や疲労が回復します。しかし、浴槽は意外と滑りやすいものです。入る時と出る時はバランスを崩しやすいので、足元に滑り止めマットがあると安心です。

(楽天)
丸お風呂 滑り止め
(Amazon)
丸お風呂 滑り止め空

妊娠中の入浴剤

妊娠中は肌の状態も変わりやすく、今まで気にならなかった成分に肌が敏感に反応することもあります。入浴剤は刺激の少ないタイプを選びます。

つわりの時期は匂いにも注意してください。また、強力な発汗作用のある入浴剤、暑さや冷たさを極端に感じる入浴剤も妊娠中は控えましょう。

妊娠中は入浴剤も肌への刺激を考えて選びますが、他にも気分によって色で選ぶこともできます。妊娠中は気分が憂鬱になることもあります。そんな時は温かみのある柑橘系の色の入浴剤を選んだり、好きな色でリラックス効果を高めましょう。

ただし、バブルバスは注意してください。商品によってはボディーソープのように滑りやすい成分が入っています。入浴剤を選ぶ際も成分や注意書きを読んで、妊婦が使用できるか確認してください。






関連イメージ