e-妊娠 



赤ちゃん(CRL) 2.1→2.8センチ程度
胎のう(GS) 4.9→5.7センチ程度
胎齢 49→55日
9週0日から出産予定日まで217日
9週6日から出産予定日まで211日

妊娠9週(妊娠3ヶ月)

つわりの症状がピークに達して、苦しい思いをしている人が多いでしょう。食の好みが変わり、今まであまり食べなかった物を口にしているかもしれません。しかし「つわり」は必ず終わりが来ます、もう少しだけの辛抱ですよ!

9週の赤ちゃん

つわりの対策

個人差が多いつわりですが、実際には対策という対策が少なくて、医師に相談しても「今だけだから頑張って」と言われることも多いでしょう。

しかし「少しでもつわりが軽減できないの?」と感じるのは当然のこと。ここでは精神的なつわりの対策について考えてみます。

旦那さん

つわりの苦しさを1番わかってもらいたい人・・
「パパ」が理解してくれない場合は本当に泣きたくなります。

男性の中には家事を手伝ったり買い物に行ってくれたり、進んで妻を労わってくれる人もいますが、全部がそんなパパばかりではありません。実際には手伝うどころか、妻の態度にぐちぐち文句を言ったり、喧嘩をふっかけるパパもよくいるようです。

こんな場合はもう1度パパと話し合うことが必要で、「今だけ協力して」ということを強調してみてください。共働きや出産後の育児には「分担制」で頑張る夫婦が多いですが、旦那さんの役割を今だけ1つか2つ増やしてもらうのがいい作戦です。

上の子供

上の子供がいると生活に手抜きを出来ないことが多いでしょう。つわりは初産婦が症状が出やすい傾向がありますが、そうとばかりは限らずに、2番目、3番目の子供のときに症状が強く現れることもあります。

2回目以降の妊娠となると、周りの興味やサポートが少なくなり、そんなときにはママの負担が増える一方となってしまいます。

その上でつわりが重なるわけですから愚痴もこぼしたくもなりますが、
そのかわりに、「今までの育児の経験」がきっと役に立ちます。

上の子供に「おなかの赤ちゃん」のことを話して、「お姉さん」「お兄さん」になるという自覚を芽生えさせると、驚くほど協力してくれることもあります。ただしよく言われるとおり、おなかの赤ちゃんを優先させ過ぎてしまうと、早くから嫉妬心も芽生えてしまいます。

また「今だけは仕方がない」と自分自身に妥協することも必要で、子供向けの「DVD」や「本」、または「新しいおもちゃ」などで、子供の興味をそちらに向けさせるのもいい方法です。

今あなたは新しい命を育むという「大仕事」をしているのです、「子供を外に連れて行ってあげれない」と自分を責めるべきではありません。

食事

要領よく考えるのが乗り越える「コツ」になります。今まで毎食きちんと作っていた人は、たくさん「作りおき」して冷凍してみてください。これなら食べたいときにレンジで「チン」するだけでOKです。

コンビニのお弁当も、現在では味も値段もお勧めのものがたくさん増えました。カロリー表示がされているものが多いので、それも計算しながら選ぶことが出来ます。

またチェーン店の○○弁当や、スーパーの惣菜などでも便利なものがたくさんあります。小皿に最初から分けておけば、パパに「またお弁当」と思われることも少なくなるかもしれません。

また冷凍食品の宅配サービスを利用してみる手もあります。例えば下のニチレイサービスは、「主菜/副菜を1セットにした冷凍惣菜セット、6種類の詰め合せ。食塩相当量2.8g以下 、簡単、電子レンジ調理」とおすすめです。

1食355kcal以下!塩分・カロリー控えめ低カロリー 健康 弁当

ストレス

ストレスが溜まるような言葉はなるべく聞き流してください。「何故自分だけ?」と思い詰めてはいけません。もしかしたら本来あなたをサポートする立場の友達や親、旦那さんが理解してくれないときも多いでしょう。

こんなときは「分かって欲しい」と思うと、なお更ストレスが溜まってしまいます。理解されないことは悲しいことですが、つわりは必ず終わりが来ます。なので「今は仕方がない」と割り切ることも必要なのです。

また同じ境遇の人と話し合うことで、ストレスはかなり軽減されます。インターネットのつわり掲示板には、同じ「つわり」で悩んでいる方がたくさんいます。「e-妊娠」にもつわり掲示板を設置しています。

その他にも「もしつわりが終わったら?」と前向きに考えると、気分が楽になることがあります。「行きたい場所に行く」「昔好きだったものを食べる」・・など、こんな単純なことを想像してみてください。

「つわり」は妊婦の特権?

つわりの程度というものは自分では分からないものです。「食べたら毎回のように吐いてしまう」のように、症状が重い人(妊娠悪阻)は全体的に見ればそれ程多くはありません。

つわりの対策は、「食べたいものを食べる」と言われます。しかしもし、あなたが「つわりの症状が軽い」と感じているなら、なるべく体にいいものを食べるようにしてください。

「つわりは妊婦の特権」とばかりに、今まで以上の豪遊生活をする人が中にはいます。「妊娠中は家事の手抜きをする」ということに否定はしませんが、少なくとも食事に限ってはもっと気を使うべきなのです。

「少し吐き気がするけど食べれるかも」・・・
そう思ったときには、積極的に赤ちゃんのために栄養を補給してください。本来、赤ちゃんが形成されるこの「妊娠初期」こそ、ママにとっても赤ちゃんにとっても栄養が大切な時期なのです。

つわりで栄養を取れないからといって、それが「赤ちゃんに影響することまずない」と言われています。しかしあなたの食生活のバランスがいいほうが、おなかの赤ちゃんも間違いなく喜んでくれるはずですから。

9週の赤ちゃん

9週の赤ちゃん
*9週の赤ちゃん/シアーズ博士夫妻のマタニティブックより引用

赤ちゃんの(CRL)は、2〜3センチになります。身長は3〜4センチ、体重は3〜12グラム程度です。くの字に曲がっていた首がまっすぐになって、見た目がすっかりと人間らしくなります。

上の赤ちゃんのイラストは文献では「妊娠9週」となっていますが、他のものと比べるともう少し妊娠週が進んでいるかもしれません。

手や足がしっかりと伸びて「人間」としてのバランスが整ってきます。指が1本ずつ離れて、爪も形成され始めます。心臓の重要な形成はほぼ終了するので、超音波診断では力強い鼓動が感じられることでしょう。

生殖器の発達もスタートしていますが、まだ男の子か女の子かは判別がつきません。そうなのです、性別の判断は超音波で外陰部がしっかりと確認できるまで待たなければならないのです。





妊娠3ヶ月

妊娠用語辞典



戻る妊娠3ヶ月 / 妊娠月別top / e-妊娠top



*信頼できる情報の収集に努めていますが、その内容を保障するものではありません。内容一切の無断転載、使用を禁じます。Copyright(C) e-妊娠