e-妊娠 



hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)

hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)とは、妊娠が成立すると急速に分泌される糖タンパク質です。hCGは「Human chorionic gonadotropin」の略で、日本語名では「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」といいます。このhCGは尿中や血中に現れて、妊娠週数が進むにつれて濃度が濃くなっていきます。そしてある一定の週数(妊娠10週前後)をピークに減少していきます。

hCGは、妊娠検査薬で陽性反応が出る成分です。通常生理予定日から1週間後に検査できるタイプのものは、50mIU/mlで反応します。

また生理予定日から検査できるものもありますが、こちらはhCGが、25mIU/mlで反応するようにできています。正確性は99%と書いてありますが、当サイトで報告された意見を参考にすると、もう少し確率が悪いかもしれません。(商品の正確性という意味ではなく、hCGの分泌に個人差があるようです)

妊娠週数とhCGの分泌量

2週0.2mIU/ml
3週20〜50mIU/ml
4週50〜200mIU/ml
5週200〜1000mIU/ml
6週1000〜6400mIU/ml
7週4000〜12800mIU/ml
8週4000〜256000mIU/ml
9〜10週8000〜256000mIU/ml
11週〜12800〜64000mIU/ml

hCGと関連した妊娠用語

絨毛 子宮内膜 受精卵 着床

hCGと関連したコンテンツ

2週 3週 4週 妊娠初期症状 妊娠検査薬 1ヶ月母体症状 2ヶ月/日常生活 5週 6週 7週 8週 3ヶ月/母体症状





戻る妊娠用語辞典top / e-妊娠top


*信頼できる情報の収集に努めていますが、その内容を保障するものではありません。内容一切の無断転載、使用を禁じます。Copyright(C) e-妊娠