e-妊娠 



エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲン(卵胞ホルモン)とは、妊娠中に大量に分泌され子宮の発育を促してくれる女性ホルモンです。主に卵胞期(月経周期の前半)に分泌され、卵胞(赤ちゃんの卵)の成長を促して、子宮内膜をふかふかにして妊娠しやすい状態にしてくれるホルモンです。

成熟期の女性は男性と違い「月経」という特別なサイクルがあります。そしてその期間、思春期から更年期までは「妊娠が可能」という特別なチャンスがあるのです。この女性にとってもっとも活発で大切な期間に活躍するホルモンががエストロゲンとプロゲステロンの2大女性ホルモン。

エストロゲンは美人ホルモンとも呼ばれていて、女性の若々しいさと活動にリズムを与えて心身ともに充実を与えてくれます。恋愛〜結婚〜妊娠〜出産と深くかかわるエストロゲンは閉経後に卵巣の機能停止とともにその分泌を終了させていきます。

エストロゲンはどちらかというと「妊娠までの準備」に深くかかわるホルモンです。妊娠後に重要になってくるのはもう1つの女性ホルモン「プロゲステロン」、こちらについては月経周期と女性の2大ホルモンプロゲステロンなどのページを作成しています。

エストロゲンと関連した妊娠用語

子宮内膜 卵子 プロゲステロン

エストロゲンと関連したコンテンツ

月経周期と女性の2大ホルモン 妊娠1週 妊娠2週 妊娠初期症状 妊娠8週 3ヶ月/母体症状





戻る妊娠用語辞典top / e-妊娠top


*信頼できる情報の収集に努めていますが、その内容を保障するものではありません。内容一切の無断転載、使用を禁じます。Copyright(C) e-妊娠