e-妊娠 



腹帯の選び方

腹帯の選び方

腹帯はメーカーによって様々な商品があります。素材や特徴で選んだり、色や柄といった見た目で選ぶこともできます。最近の腹帯には2つに分けられます。腹帯のもつ役割を生かした特徴のあるものと、腹帯ながらファッション性の高いものです。

腹帯を選ぶ時はサイズにも気を付けてください。妊娠前の下着や服のサイズと異なる場合があるので、サイズ表記は妊娠中のサイズを基本に見ましょう。あまり締め付けの強い腹帯は、お腹の赤ちゃんに良い影響を与えません。逆にサイズの緩すぎる腹帯は、お腹をしっかり支えることができません。

口コミや評判もチェックしましょう。自分のお腹に巻いて初めて、その腹帯がどんな時に使いやすいかが分かります。

さらし木綿の腹帯

腹帯は本来、「帯(おび)」の名の通り、一反のさらし木綿で作られています。さらし木綿の腹帯の良いところは、自分で巻く強さを調節できるので毎日の体調に合わせた巻き方が出来るところです。

さらし木綿なら、家庭で洗濯できて乾きも早いので実用的です。ただ見た目が気になったり、体型や体の動きのせいで型崩れしてしまう人もいます。普段からさらしを巻かない人が多いので、毎日巻くことが大変だと感じる人もいます。

丸さらし 腹帯(楽天)


マジックテープ式の腹帯

さらし木綿になれない人は、マジックテープタイプの腹帯が便利です。マジックテープタイプの腹帯は、さらしというよりはコルセットのようです。柔らかい素材ですが、さらしよりも幅や形が決まっています。

マジックテープタイプの腹帯はマタニティグッズを扱う売り場やインターネットの通販でも、たくさん販売されています。マジックテープ部分は丸みを帯びていて肌を傷つけません。お腹の大きさに合わせて簡単に調節できる使いやすさが特徴です。

丸マジックテープ 腹帯


トコちゃんベルト用妊婦帯

トコチャンベルトは妊婦さんから人気の高い腹帯です。妊娠初期から産後までの骨盤のゆがみを予防・矯正して、妊娠中の恥骨の痛みを調節していきます。骨盤や恥骨を正すことで、お腹が大きくなっていくと慢性化しやすい腰痛もサポートします。

トコちゃんベルトは産院や助産師の指示でサイズを選んで使うこともあります。特に妊娠中期以降は、トコチャンベルト用の妊婦帯を併用するとお腹を支えるバランスが取れます。

トコちゃんベルトだけでは腹帯の役割になりませんが、腹帯と併用することで効果が高まります。腹帯で支えるお腹の重みによって生じる腰痛や骨盤への影響を予防できます。トコちゃんベルトに関しては妊娠関係なく、骨盤矯正として使えるので産後も役立ちます。

丸トコちゃんベルト


犬印の補助腹帯

犬印から発売されている腹帯に、コルセットタイプと補助腹帯のセットがあります。最初はコルセットタイプでお腹全体を保護するように使います、妊娠中期以降は、大きくなったお腹に合わせて支えられるように補助腹帯も加えます。

犬印の腹帯は初めての妊娠や、腹帯に対して抵抗のある妊婦さんにお勧めです。少し前は腹帯といえば真っ白や肌着に合わせた色が多く見られましたが、犬印の腹帯は花柄や黒ベースのドット柄があります。

丸犬印 腹帯


ワコールの腹帯

ワコールから発売されている腹帯は、伸縮性と肌に当たる内側の吸汗性の良さが特徴です。ワコールの他の下着類やインナーとも合わせやすいので、組み合わせを楽しむことができます。

ワコールの腹帯は、マミングベルトと言われる補助ベルトと組み合わせることができます。マミングベルトは、妊娠中期以降の大きくなったお腹の重みを支えて腰への負担を軽くします。

デザインもドットやパステルカラーを取り入れて、妊娠中でも通常のワコールの下着と同じように使い続けることができるので、マタニティを意識したくない人も選びやすくなっています。

丸ワコール 腹帯


腹帯の値段

腹帯の値段は素材によって多少差があります。綿や薄手の自分で巻くさらしタイプは、比較的に安価な商品が多くみつかります。さらし木綿の自分で巻くタイプは1000円以下から揃えられています。

ただ生地の特徴的に長期間使用するには買い替えも必要になります。そのぶん、常に清潔を保てるので安価だからといって性能には問題ありません。

マジックテープ式で生地がしっかりしている腹帯は、薄手よりも少し値段が高くなります。でも、調節しやすく伸び縮みに耐性があるので、長期間使うことができます。

マジックテープタイプのさらしではない腹帯は2000円前後が多いようです。メーカーによって様々なので予算に合わせて選びましょう。

腹帯を巻くタイミング

腹帯を巻く最初のタイミングは妊娠5ヶ月頃です。個人差はありますが妊娠5ヶ月は、目立たないながらもお腹回りがふっくらし始める時期です。

腹帯といえば、妊娠5ヶ月の戌の日には安産祈願と一緒に、腹帯(ふくたい)を巻く習わしがあります。お祝いの帯は岩田帯(いわたおび)が有名です。紅白の絹でできた帯を、地域によりますが夫や妊婦の母親に巻いてもらいます。

ただ、最近は巻くことを割愛して腹帯をプレゼントするケースが多く見られます。戌の日の祝い帯が省略されても、腹帯を贈ることで慣習が引き継がれています。この機会に腹帯を手に入れる妊婦さんが多いようです。






戻る妊婦帯、腹帯、岩田帯 / e-妊娠top



*信頼できる情報の収集に努めていますが、その内容を保障するものではありません。内容一切の無断転載、使用を禁じます。Copyright(C) e-妊娠