妊娠初期症状 血液量

血液量の変化による妊娠初期症状

  • 眠気がある
  • めまいがする
  • カッとなる
  • 熱っぽくなる
  • 貧血ぎみになる

血液量の変化

妊娠が成立することによって母体の血液量が増加するようになります。これにより「めまい」がする、熱っぽくなると言った妊娠初期症状が出る人がいます。その他にも絶えずからだがポカポカしていたり、いつも頭がボーとしたりすることもあるでしょう。

血液の集中

胎盤の製造や消化器の変化、あるいは血圧の変化によって血液が集中しやすくなり、それによって脳が酸素不足になり眠気が起こりやすくなります。

血漿量の増加

妊娠すると、赤血球、白血球、血小板などを除いた血液量(血漿)が著しく増加していきます。これによって赤血球とのバランスが崩れ、貧血ぎみになることがあります。

妊娠中の循環血液量と血漿量は約40%くらい増加し、妊娠34~36週ごろにピークを迎えます。この後にはやや少なくなっていき出産後6~8週でほぼ妊娠前と同じ量に戻ります。






関連イメージ