妊娠初期症状 自律神経

自律神経が及ぼす妊娠初期症状

  • つわりが起こる
  • むかむかする
  • 吐き気がする
  • 唾液が多い
  • イライラする
  • ストレスがたまる
  • アレルギーが起こる

自律神経と女性ホルモン

エストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンによって、自律神経受容体に変化が起こります。その結果イライラしたりストレスが溜まりやすくなり、感情が不安定になる傾向があります。

つわりの原因は正確には解明されていませんが、自律神経が緊張することによって起こる可能性があります。副交感神経の刺激によって唾液が多めに分泌され、消化器に影響が出て吐き気や胃のムカムカと言った妊娠初期症状が出る場合もあります。

また妊娠中にはアレルギーを発症させる頻度が高く、鼻アレルギーなどの症状が出る場合もあるでしょう。

子宮収縮と自律神経

妊娠後期に強いストレスを感じていると、子宮収縮を早め陣痛を引き起こす可能性があります。また妊娠末期には十分な運動は陣痛を早めますが、これも肉体的なストレスが大きく関係しているようです。






関連イメージ