産婦人科の初診(もうちょっと詳しく)

産婦人科の初診時の服装

産婦人科で初診を受ける時は、内診があるかもしれないと考えて着脱しやすい服装を選びます。パンツ型のオールインワンやタイトなパンツは、内診時には脱ぐ必要があります。

お勧めの服装

産婦人科では、ベッドに横になる診察も考えられます。ベッドに横になる時は、バスタオル等をかけてもらいます。でも、あまり短いスカートも気になるかもしれません。ゆとりのあるスカートで、膝を立てたりベッドに横になりやすい服装が安心です。

足もとは、ストッキングやタイツだと内診時に脱ぐことになります。時間に余裕のある時は、ゆっくりはき直すことができますが、待合室が込んでいるときは焦りがちです。ストッキングやタイツが伝線してしまうこともあり、内診がある時は不向きです。

不向きな服装

産婦人科の初診時には、靴下なら脱ぐ必要もありません。寒い時や冷え防止には、靴下にスパッツやレギンスを組み合わせます。レッグウォーマーも脱がずに済みます。内診ではスパッツやレギンスを脱ぐだけで済むので、着替えも必要ありません。

産婦人科の初診では、初めて入る診察室や問診、内診と緊張することも考えられます。身だしなみを清潔にすることはもちろんですが、あまり気飾らないで診察しやすい服装でのぞみましょう。

産婦人科では妊娠が確定すると、超音波検査(エコー検査)でお腹の赤ちゃんの様子を診察します。お腹を出して、専用のゼリーを塗るので前開きの服がおすすめです。

初診に限らず、産婦人科の検診時には体重を確認します。あまりモコモコした服装や分厚い服を着ていると、実際の体重が分かりません。分厚い上着や重さのあるトップスは脱いで計った方が良いので、もしも気になる時は診察前に脱げるようにしましょう。

産婦人科の初診時の持ち物

・健康保険証。
・筆記用具。

・ハンカチやハンドタオル。
・生理用ナプキン。

筆記用具は妊娠すると必要な手続きや、今後の生活の注意点を書きとめておきます。意外と多いので、聞き逃しを防ぐためにもメモしておきましょう。

生理用ナプキンは内診後に、内診出血があった場合に使用します。デリケートゾーンの検査は些細なことで出血することがあるので、帰宅時に困らないように持参すると安心です。

荷物は最小限にする

産婦人科の診察室にも荷物や上着を置くカゴがあります。カゴはさほど大きくありません。手持ちの荷物は最小限にしておきます。大きな買い物をして診察室に荷物を沢山持って入ることも控えます。

産婦人科の待合室が混んでいる時は、お互いに譲り合って座ります。買い物をした荷物があると迷惑をかけたり、つわり中や気分の悪い人が座るスペースを減らしてしまうかもしれません。買い物は産婦人科の診察後か、1度帰宅して荷物を置いて診察を受けましょう。

産婦人科の初診時の費用

産婦人科の初診費用は、病院によって様々です。保険のきかない検査があるので、一律の料金が分からないのが現実です。更に初診量がかかるので、手持ちの現金は通常の内科や耳鼻科の受診時よりも多めに用意します。

産婦人科の初診費用は、個人で受ける検査も違うので1万円を超えることもあります。大きな病院ではクレジットカードでの支払いが可能になりつつありますが、地域の産婦人科は現金払いが中心です。心配な時は予約時に確認しておきましょう。もしくは、病院の窓口でおおよその額を聞いてから受診しましょう。

産婦人科の初診前の注意点

・平熱の確認。
・尿検査の準備。
・メイクはナチュラルメイク。
・予定は空けておく。

産婦人科の初診時だけに限らず、病院で診察を受ける時は、自分の平熱を答えられるようにしておきます。妊婦は定期検診でも体温を計ります。

産婦人科の診察では、初診時だけではありませんが尿検査を行うことがあります。尿が出るように水を飲ませてくれる場合もありますが、全く出ないと自分が困ります。あまり尿意が近くない人は、家でトイレを済まさずに受診した方が良いです。

産婦人科受診日が予約で決まっている時は、甘いものも控えめにします。尿検査で糖が出てしまうからです。

産婦人科に行く時は、メイクは控えめにナチュラルメイクを心がけます。チークはつけない方が顔色が判断しやすいようです。リップも、色のついた口紅よりは透明のグロスや保湿クリームにしておきましょう。これは妊婦検診時毎に心がける点です。出産時も顔色は診察時の判断材料になります。

産婦人科の予約をとっていても、時間が前後することがあります。大切な約束は別の日にずらしておくと安心です。それに、産婦人科の初診は気疲れも多いので、短時間でもどっと疲れが出ることがあります。受診後もゆとりある時間を過ごして、できる限り体を労わってあげましょう。






関連イメージ