病院選びのコツ

病院選びの気構え

まずは気構え。妊娠がわかったらまずは病院選びが大切です。気軽に行った病院との相性が合わない事はよくあります。妊娠生活を充実させるためにも、安易な気持ちは捨てて、しっかり納得できる病院選びをします。

病院の種類

出産できる施設は大きく3つにわけられ、
それぞれ長所と短所があり、かかるお金も違います。

  • 総合病院や大学病院などベッド数100床以上の「大病院」。
  • 産科専門病院や産婦人科診療所などの「個人病院」。(床数20以上だと個人病院、以下だと個人産院と呼ぶ)
  • そして助産師が開設している床数9以下の「助産院」です。

トピックス病院選びの長所と短所をもっと詳しく

病院まで距離

家から近いことは病院選びの最大のポイントです。妊娠後期になると体が重くなり思うように動けなくなります。階段や坂道の上り下りなどの急激な運動は母体にとってもマイナスです。また出産後には定期健診があります。総合病院などでは赤ちゃんと一緒に再び同じ病院を訪れることも頭に入れておきます。

病院の健診費用

健診費用も病院選びのポイントです。病院によってかなりの違いがありますが、多めに見積もって初診料は1万円前後。定期健診は3千円~6千円前後かかります。分娩.入院費用は、だいたい35万~45万ぐらいかかります。

民間病院や私立の病院より国.公立病院のほうが低額です。助産院はさらに安い場合があります。

また個人部屋は割り増しされ、1日5000円前後多く取られます。立会い出産などのオプションを付けると病院によって決まった金額(1万5000円とか)をプラスされます。また見落としがちですが分娩費用は、夜間や休日にお産した場合2,3万円プラスされます。

病院選びの評判

日本では病院に関する宣伝が禁止されています。そのため複数の出産者に意見を聞き、自分で納得のいく病院選びをしなければなりません。費用、出産のスタイル、病室、食事、医師や看護士の対応など、なるべく多くの情報を集めましょう。

分娩方法と出産スタイル

自然分娩や誘発分娩、立ち会い分娩や会陰切開など施設によって分娩方法の可能、不可能がかわります。また普通の分娩台ではなく畳部屋などを使った「フリースタイルお産」も可能な施設もあります。

母子の同室

出産後退院するまで母子同室か別室か。母子同室だと母乳の出がよくなりその後の授乳が上手くいきやすいといわれています。

病院に見学・下見に行く

事前に連絡を入れて下見に行きます。病院に行ってみると思っていた事と違う発見があります。スタッフの対応、病院内施設など、気になるところをチェックします。そしてあなたが納得できて初めて安心なのです。

その他のこの時期の注意

たばこ、お酒、大量のカフェインは母体に悪影響を与えます。また激しく飛び跳ねたり転倒の可能性がある運動は控えます。薬を常用してる人や、妊娠に気づかず飲んだ場合は、念のため主治医か産婦人科に相談しましょう。






関連イメージ