e-妊娠 



LHサージ

LHサージとは、排卵直前に黄体形成ホルモン(LH)が大量に分泌されることです。多少個人差がありますがLHサージがあってから24〜36時間後に排卵が起こります。

卵巣内の卵胞は成熟してくると、自らエストロゲンを分泌するようになります。そしてこの多量に分泌されたエストロゲンによって、脳下垂体が刺激されてLHの放出を促すのです。

LHサージの「サージ」とは大きな波のことで、この現象によって排卵を引き起こされます。なおLHサージが起こるのは卵胞の大きさが20ミリ前後となります。LHサージを判断する方法として、排卵検査薬があります。

黄体形成ホルモン(LH)とは、脳下垂体前葉から分泌されるホルモン。

LH→luteinizing hormone

LHサージと関連した不妊用語

黄体形成ホルモン(LH) 尿中LH検査 排卵 卵胞 エストロゲン 卵巣 下垂体 排卵検査薬





戻る不妊用語辞典top / e-妊娠top


*信頼できる情報の収集に努めていますが、その内容を保障するものではありません。内容一切の無断転載、使用を禁じます。Copyright(C) e-妊娠